栄養バランスを考えた時に絶対必要な「ビタミン類」の効果

耳鳴り難聴サプリメント「太陽の恵み」に入っている
栄養バランスを考えた時に絶対必要な「ビタミン類」についてです。

ビタミンは体の調子を整えるのに絶対必要な栄養素で
生きていくのに絶対必要な5代栄養素の1つです。

ビタミンが体から無くなると死んでしまうのだそうです。

ビタミンは全部で13種類あって、水に溶けるものと脂に溶けるものの
大きく2種類に分かれ、種類によって働きがいろいろです。

体の中に存在しないビタミンや、あっても少ないビタミンなど
ビタミンは食べ物から摂るしかありません。

脂に溶けるビタミンは体の外に排出されにいので
過剰摂取になることがあります。
(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類)

逆に水に溶けるビタミンはすぐにおしっこと一緒に
体の外に出てしまうので毎日摂らなくてはいけないんです。
(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ナイアシン
パントテン酸、葉酸、ビオチンの9種類)

ビタミンはそれぞれのビタミンが作用しあって働くので
どれか1つが欠けても上手く働かなくなるのです。

ビタミンは体のいろんな機能を調節して
病気予防や健康に欠かせない栄養素です。

ビタミン不足が原因でビタミン欠乏症になると
いろんな病気にかかってしまうのです。

ビタミンの効果は、体のリズム・体調を整え代謝をよくする、疲労回復、
老化防止、免疫力を上げる、病気の予防・回復などです。

こうして考えてみると、健康でいるために絶対必要な栄養ですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。